メンズ脱毛天王寺

医療レーザー脱毛のアフターケア

 

殿方向け医療レーザー脱毛において、肌にレーザーをあて終わったら、まずは冷却剤を使って熱くなった患部を冷やしてあげます。

 

そして男用レーザー脱毛した患部に専用の軟膏を塗りたくれば帰宅可能となります。

 

院から帰宅する際に軟膏をお渡ししますので、一日一回患部に塗ってみてください。

 

それ以外は、普段通りの生活を送っていただければ結構ですよ。

 

医療レーザー男ども脱毛が終わった後、当日からでも風呂に入ってもらってかまいません。

 

ただ、レーザーをあてた箇所の毛穴が部分的に赤くなっている場合、当該箇所が風呂の湯によって若干しみたりするかもしれませんね。

 

レーザーをあてた箇所の毛穴が部分的に赤くなっている場合、患部は3日ほどで正常の肌に戻ります。

 

ただし、上記患部を日焼けするのは赤みが消失してしまうまで控えてください。

 

赤みが消失してしまえばOKですが、もし日焼けしてしまう恐れがあるのなら、服でカバーしたり日焼け止めを塗りたくったりして、患部をUVから守ってください。

 

患部に赤みが残っているにもかかわらずUVを浴びてしまったら、みっともなくて残念なシミとして残ってしまう恐れが考えられるからです。

 

5〜6週間したら患部の経過を診せてもらわなければなりませんので、面倒くさく感じるかもしれませんがもう一度来院をお願いしています。

 

しかし、再来院してくれる方は医療レーザー男向け脱毛を受診した人の半分ぐらいですかね。

 

来られない半分の患者さんは、経過良好みたいです。