ダンディハウス天王寺

 

 

天王寺のハルカスの南側、阪堺線の東側でも天王寺店が営業していますが、そもそもダンディハウスは、男連中専用のエステサロンとしては日本初だってことを謳ってるメンズ脱毛サロンなんですよね。

 

それだけにダンディハウスは、ツルピカメンズ脱毛、おしゃれ男連中向け脱毛、メンズ毛量調節と、けっこういろいろなメンズ脱毛レベルに対応可能なgentleman脱毛サロンとなっているようですよ。

 

ダンディハウスでは、どんなレベルのメンズ脱毛がしたいのかを無料のカウンセリング(10〜40分ぐらい、個人差あり)でバッチリ相談できるみたいですし、「ホンマにダンディハウスのgentleman用脱毛って毛ぇ抜けるんやろな?」とばかりに用心深いタイプの男性には、5000円の体験メンズ脱毛も用意されてるみたいですしね。

 

なんか、ダンディハウスは、メンズ脱毛方式にも種類があるみたいですね。ヒゲ脱毛に用いるブレンド脱毛法と、ボディ脱毛に用いるライト脱毛法っていう種類らしいんですけど。

 

ダンディハウスでヒゲ脱毛に用いるブレンド脱毛法は、毛を一本ずつデピレーション処理する、熱処理と電気処理をブレンドした方法らしいです。

 

ダンディハウスでボディに用いるライト脱毛法は、体毛を減らす光デピレーションのことらしいです。まあ、ライト脱毛法っていうぐらいですから、光脱毛のことなんだろうなと予想はできますがね。

 

ダンディハウスでヒゲ脱毛に用いるブレンド脱毛法のいいところは、事前剃毛が必要ないところですね。ヒゲボーボーでダンディハウスに出向いてもいいってことなんでしょうから、ラクですよね。

 

一方、ダンディハウスのライト脱毛法でボディのオトコ脱毛を計画している人は、しっかり事前剃毛をしていってください。

 

ダンディハウスに電話で聞いたところによると、ボディの事前剃毛をサボってダンディハウスに出向いた人は、どうもその時点でメンズ脱毛予約を取り消されるそうです‥‥。しかも、一回分のMEN’S脱毛料金だけはダンディハウス側にキッチリ持っていかれるとのことでした。ダンディハウスでメンズ脱毛施術を受けてもいないのに、ダンディハウスから一回分の料金を取られたりしたらハラワタが煮えくり返りますので、しっかりと自宅でボディの事前剃毛をしてからダンディハウスに出向くべきでしょうね。

 

ちなみに、ダンディハウスの公式ホームページには、男連中用デピレーションの料金プランやメンズ脱毛施術の所要時間が明記されていません。

 

これはなぜなのかダンディハウスの電話応対者に聞いてみたところ、「男性の体毛の悩みや男性のメンズ脱毛に対する希望にも、いろんなタイプがあるから」だそうです。

 

そりゃ、人間の身体の性質なんて十人十色なわけですから、全身の体毛が北京原人みたいに濃い人もいれば、ヒゲだけやたら青々としている人もいれば、ほとんど体毛が生えてこない人だっているはずです。

 

そうなるともちろん、MEN’S用脱毛を希望する箇所や希望するメンズ脱毛方式だって十人十色なはずです。

 

だから、ダンディハウスの公式ホームページには、gentleman向け脱毛の料金プランやメンズ脱毛施術の所要時間が明記されていないということらしいです。

 

また、ダンディハウスでメンズ脱毛を決心して、いったん正式にダンディハウスとオトコ用脱毛契約を結んだけれど、やっぱり心変わりして、メンズ脱毛施術を一回も受けないうちから契約を取りやめにしたくなった場合は、ダンディハウスで契約してから8日以内ならクーリングオフも可能となっているようです。

 

ダンディハウスで何回かオトコ向け脱毛施術をし受けたけれど、途中でダンディハウスでのメンズ脱毛契約を取りやめにしたくなった場合は、中途解約も受け付けてもらえるみたいですね。

 

ただし、ダンディハウスでの中途解約にはルールがあるそうです。

 

まず、ダンディハウスでは、殿方向け脱毛にあるコースごとに中途解約可能期間が定められていて、この期間内でないとダンディハウスでの中途解約は難しくなるようですね。

 

このダンディハウスの中途解約可能期間に中途解約を申し出たと仮定すれば、まず中途解約手数料が2万円かかります。そして、メンズ脱毛施術に用いた化粧品などの代金も徴収されます。当然、すでに男たちデピレーション施術を受けた回数分の代金も差し引かれます。

 

これらをすべて精算した残額が、ダンディハウスから中途解約した自分の手元へ返ってくる段取りとなっています。

 

 

ダンディハウス天王寺店

ダンディハウス天王寺店は、「近鉄前」交差点の南東部にあります。つまり、近鉄百貨店やハルカスの南側ということになります。
鉄道でいえば、近鉄あべの橋駅の阿倍野口が近いですね。駅の出口から近いぶん、雨の日もそんなに濡れなくて済むからうれしいですよ。まあ、地下鉄でも近鉄でもJRでも阪堺線でも、なんでも通えるから天王寺のダンディハウスは便利がいいですよね。

 

ここで、ダンディハウス天王寺店への道案内をさせてください。

 

まず、あべの橋駅の西改札を左にでて

阿倍野口から右へ進み

チケットスーパー前を通過して

岸本ビル(とんかつのKYKやモンベルが入ってるビル)の方へ歩いていってください。

居酒屋「口八町」とカラオケ屋「ビッグエコー」の間をまっすぐ進むと

どんつきにツタヤがあります。

ツタヤから数えて2軒目のビルが目的地の東陽ビルとなります。1階には鶴橋風月っていうお好み焼き屋さんが入ってます。